top > blog > Archive: 2014年08月

Archive: 2014年08月

個展の様子②

今回、個展を開催させていただいたギャラリーは京町屋を改造していたもので白い箱みたいなギャラリーと違った空間になりました(白い箱みたいなギャラリーも好きですが)。
もうギャラリー自体はなくなってしまいましたが、私が初めて個展をした会場は銀座の奥野ビルという古い建物の地下にありました。
大学を出て、2、3年目で、何も考えずに「面白い場所だな~」と思ってやってみたんですが、そこは昔、銀座のホステスさんたちのアパートで、私が展示した空間は元・浴室だったそうです。
もしかして、映画女優になるんだ!と田舎から出てきて、銀座でホステスをやっていた昔の若い女性(昔の若い女性って年寄りなのか、若いのか、よくわからない表現ですが)がかつて、ここでお風呂に入っていたのかなぁ、なんて考えたりしました。
ちなみに、奥野ビルは映画「ノルウェイの森」でも使われていました(最後、松山ケンイチが泣いてるシーン)。

前置きが長くなりましたが、今回の会場は町屋なので、住宅だったわけですよ!
しかも、京都の、古い家。
外観はこんな感じ↓

DCIM0562

DCIM0563

入るとこんな感じ↑
(2階の写真等はまたおいおいブログに載せます)

オーナーのYMさんはとても気さくな方で、私のような小娘の個展中に五山の送り火があるから、とワインが飲めるレセプションパーティを開いてくださりました。
ご自身でギャラリーを始めたことを「古希間近の暴走」とおっしゃっていましたが、日本にそういった暴走おじいちゃん(失礼!)が沢山いると楽しいですよね。
私にとってはYMさんのアイデアでできたギャラリーのお陰で、京都で個展を開くという経験と京都の家に住むという経験が一度に味わえる展示でした。

DCIM0611
↑こんな感じで、鴨川沿いには夏の風物詩・納涼床が並んでいました。
ギャラリー自体は高瀬川に面していて、鴨が間近で見られたりしました。

DCIM0585
写真は高瀬川で朝ご飯を食べているシロサギがカラスを追っ払っているシーンです(笑)
高瀬川に足を浸けながら、珍しいものが見れたな~と思いました。

高瀬川・四季AIR
http://www.matius-8.jp/index.php

個展の様子①

個展の様子なんですが、「始まりました」と「終わりました」だけではあっさりしすぎているので、どのような展示だったのか、これから書いていこうと思います(blogを更新する時間がなかった)
個展の最中は夜、高瀬川の向かい側から私の絵が見えるようにプロジェクションマッピングが作られていました。最初から、その予定ではなくて、たまたま展示準備をしている時に知り合った発明家さんに頼んで作ってもらったという・・・。
その方から先日、私の絵を動かしてみたよ、とご連絡がありました。

まるでヤン・シュヴァンクマエルのアニメーションのようです。

ちなみに、個展中流れていたプロジェクションマッピングはこんな感じでした↓

DCIM0570

これの動画もあったのですが、重くてワードプレスに投稿できなかったので(Facebookには載せることができた)写真で・・・

舞台裏から見るとこんな感じ↓

DCIM0577

透明なフィルムにプロジェクターで絵を映し出して、それを外から見ると窓に絵が映っているように見えるという仕組みでした。
これは偶然の出会いによって、生み出された演出方法でした。
今までの個展やグループ展では全部自分で何もかもやろうとしていたのですが、今回は色んな方のアイデアをお借りしました。何故か、昔は「私は作家だから自分で全部やる!」という変な勢いがあって(今でもあまり他人のアドバイスを聞かないような性格ですが・・・)、結果がしょぼくてもそれが今の自分の力だし!と思っていました。が、今はあれこれ人に訊いたり、頼んだ方がいいものができるな~と丸く(?)なりました。誰かにいい感じにしてもらえたら、それはそれでラッキーみたいな。
ていうか、人間は社会的生き物であって、たとえ、それが山奥に住む陶芸家だとしても、他人の手を借りずに活動することは難しい、とようやく気がついた。だけです・・・。
なかなか、東京で一人暮らししていると気がつかないことでした。
なので、15年間も東京で一人暮らししながら(働きながら、家賃払いながら)作家活動するって一人で森の中で生きているようなものだったな~と思いました。

話が脱線しまくって、何が言いたいのかよくわからなくなってきましたが、こんな調子で個展中の素敵な出会いを踏まえながら、記録を残していこうと思います。

終わりました。

みなさまのお陰で無事に個展を終えることが出来ました。

京都の町屋で個展をするというのは私にとって、とても勉強になる経験でした(しかも、住み込みで)。個展の為に色々準備をすることによっても成長したと思うし、全く知らない土地で開くということで色々と新しい経験をさせてもらいました。また、沢山の方にお力添えをいただきました。個展の様子はまた、HPにアップします。今日はとりあえず、お世話になった方や観に来てくださった方に感謝を記したいです。

ありがとうございました。

DSCF5847 - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始まりました。

image

いよいよ、昨日から個展が始まりました。この2、3ヶ月はこの日の為に生きていたようなものなので、とても楽しみです(というか、既に楽しい)
会期中はずっと在廊しております。

本の装丁

Facebookでは既にお知らせしたのですが、詩集に装丁として、私の絵を使っていただきました。
先日、本が出来上がり、印刷会社の方から見本をいただいたので、京都の個展にも連れて行こうと思っています。

image

image

 

 

サマーレセプションのお知らせ

五山の送り火が行われる16日(土)17:00からワインと軽いおつまみでレセプションが開かれます。是非、浴衣でご参加ください。

img027