top > blog > Archive: 2014年11月

Archive: 2014年11月

無心での展示が終わりました。

アートミュージアム無心での展示が終わりました。
前回の記事に「新しくできたギャラリー」と書きましたが、無心は営利目的での展示会場ではなく、アール・ブリュットの作品を紹介する美術館的なもののようです。
MOMAの横にもこじんまりとアール・ブリュット作品を紹介している美術館があります。
私は間抜けなことに、ニューヨークに行った時、MOMAに行ったら休館日で、横の美術館にぶらりと入ってみたら、そんな美術館でありました。
みなさん、ニューヨークに行かれる際には、MOMAの休館日と横の小さなミュージアムをチェックしてから行きましょう(笑)
話が反れましたが、地元にそういった美術館ができたということが驚きです。
そして、自分の作品を同時展示することになるとは・・・。
人生、何があるかわかりません。
私が大学生の時、アウトサイダーアートはそこまでメジャーではなかったので、美大生以外に話してもなかなか通じない話題でありました(美大生でも、興味ない人は興味なかった)。
私自身も作品には惹かれるけど、発達障がいや知的障がいについては無知で、どちらかというと心理学や精神疾患の本を読み漁っていました。
たまたま、2年前から特別支援教育に携わることになり、慌てて勉強した、という程度です。
しかし、そのことが自分自身の作品の幅を広げることになったし、アール・ブリュットの作品についての理解を深めることになりました。
一生、勉強ですね。
DCIM0792
会期中には滋賀のやまなみ工房で作品を作られているの方の作品も展示されていました。

ボーダレス展のお知らせ

倉吉市に新しくオープンした無心というギャラリーで展示をします。
ギャラリーと言っても、普通のギャラリーではなく、白壁土蔵群の中にある重要文化財の蔵を改装して知的障がいのある方の作品を展示するスペースです。
今回の展示は一階は障がいのある方の作品で、二階は私の作品が展示されます。
私は銅版画がメインなのですが、今回は新作の油絵やコラージュなども展示します。

DCIM0786

日時・11月20日(木)~11月26日(水)
10:00~17:00
場所・倉吉市魚町2540-2
アートミュージアム無心
日曜日はメディウムはがし刷りのワークショップを行います(定員5名)
お申込みは0858-24-5753(白壁倶楽部)
10日前くらいに突然、お話をいただいたので、新たにDMは作っていませんが・・・
こういう時、HPって便利ですね。
ここ2、3年はかつてない程、宣伝と展示をしたのですが、これからはマイペースでやっていこうと思います(そうは言いつつ12月、1月もグループ展がありますが)

DCIM0782DCIM0793

アートミュージアム無心地図

ぼくの哲学

アンディ・ウォーホルに自閉傾向があったことはあまり知られていない。
独特の色使いと彼の容姿(白髪で目がギョロッとしている)、同じパターンを繰り返している作品、彼のエピソードや言葉・・・一度、違和感を抱くと、どれを切り抜いても、アスペルガー症候群の可能性を感じる。
草間彌生が個展をした時にギャラリーの壁全面に水玉を貼りつけてウォーホルに「ヤヨイ、ファンタスティック!」と言わしめたらしい。
そして、その直後に開催されたウォーホルの個展では牛のシルクスクリーンがギャラリーの全面に貼られていたらしい・・・。
生き馬の目を抜くニューヨークのアートシーンならではのエピソードにも思えるけれど、「いいな、それ!」と思ったら、パクられた側がどう思うか考えずにやった行動にも思える。
我々は「人の気持ちを考えなさい」と教育されるけれど、脳の構造の違いによって、元々その能力が欠けていたら、どうなるのか?
答えは「人とのトラブルに発展します」ということにつきます。
今、人とうまく関われないシャイな人のことを「コミュ障」と言ったりするけど、ウォーホルはそんなレベルじゃなくて、他人に対してバンバン失礼なことをかましている。
無断で写真を使って、訴訟問題に発展したり、ラリッてビルから飛び降りた友人に対して「なんで、ぼくに教えてくれなかったの?教えてくれたらカメラ回したのに」と言ったりしている。
他人だけでなく、自分の作品も工場で製品を作るように量産し、「ビジネスである」と割り切っている。
私は大学生の時、「ゴッホの手紙」と「ウォーホル日記」を同時期に読んで、ゴッホはテオに宛てて自分の作品について語っている(時には暑苦しい程に)のに対して、ウォーホルの日記はただの有名人との交友録だ、と思った。
小学生の時、大原美術館でウォーホルの作品を観て「恰好いい!」と思った自分がバカみたいに思えた。
現在は、一周回って、ゴッホもウォーホルも唯一無二のすごいアーティストだと思う。
それに、アートをビジネスにして何が悪い。
大体、日本人は成功した人よりも人生に失敗し、苦労したまま死んだ人が好きすぎである。
自分はゴッホのように、孤独で、貧乏で、ひたすら絵を描き続ける人生に踏み込む勇気もないくせに、感動しただの、このひまわりは何億だとか言ってる。
そして、未だにアーティストは孤独で、貧乏で、誰からも認められないまま死ぬんだと思っている・・・人が多いような気がする。
ゴッホの人生のように。
いやいや、ゴッホは売ろうとしていたんだよ?
だって、テオは画商だしさ。
支えてくれるパートナーがいて、あと10年長生きしたら売れてたかもしれないじゃん。

―話が脱線して、ゴッホの話になってしまいましたが―
アンディ・ウォーホルに話を戻すと・・・
ウォーホルがアスペルガーだったとしても、そうじゃなかったとしても、空気を読まずにやりたいことをどんどんやっちゃう推進力はアーティストとして、見習う姿があると思うのです。
アスペルガーは科学者や数学者に多いらしいのだが、ミュージシャンとか美術系も結構いるんだろうな・・・と思う。ADHDっぽい人とか。
むしろ、その傾向がある方が続けられるような気がする。
そして、彼らが科学技術や文化の発展に貢献していたり、今までにないシステムを生み出したりしていることもある。
アンディ・ウォーホルは正に、既存のやり方や空気(絵描きは孤独で貧乏で惨めな死に方をするというような世間の思い込みetc)を覆したと言える。
それと、乾いた風で、新しいものを受け入れてくれるニューヨークだったからこそ、ウォーホルは認められたのだ。
ぼくの哲学」は彼の宇宙人っぷりと新しいものを生み出す力を我々に教えてくれる。