top > blog > Archive: 2017年04月

Archive: 2017年04月

カミーユの悲劇

泰葉が10年前以上前に離婚した小朝から暴行(階段から落とされたり、運転中に殴られていた)を受けていたとブログで告発しているのを見て、なんとなくカミーユ・クローデルのことを思い出した。
カミーユ・クローデルはロダンの愛人であり、モデルであった女性で、自身も優れた彫刻家だった。カミーユ・クローデルは才能があって、若く美しかったが、寡作でどの作品にもロダンの影がつき纏っている。寡作なのは、ロダンと別れた後、統合失調症になり精神病院に入ったっきり20年出てこられなかったというのと、入院する前は制作しても「ロダン先生が私のアイデアを盗みに来る」という被害妄想にとり憑かれて作品を自ら壊していたからである。
カミーユ・クローデルが19歳でロダンに弟子入りした時、ロダンは独身だったので「愛人」というのも変だが、ロダンには内縁の妻ローズがいて、カミーユ・クローデルからは制作のエネルギーを貰い、ローズからは安らぎを貰っていた。カミーユ・クローデルは美しく才能があったが、ロダンほど狡猾さはなかったし、自己愛性人格障害のロダンに利用されていたにすぎない。(ちなみに、ローズは死の1ヶ月前にロダンに籍を入れてもらえた。正に余命1ヶ月の花嫁)
で、まぁ、落語家と彫刻家に接点はなさそうだが、なんでなんとなく似てるな、と思ったかと言うと落語も彫刻も男の世界という感じがするからだ。で、そういう落語(彫刻)の世界に惹かれて、それをやってる男の人に惹かれたんだけど、相手が悪かったので精神壊されたのが同じだなと。
ただ、今回の泰葉の言ってることを殆どの人は「ハイハイ、またか」と聞き流してるだろうし、ネットには「炎上商法」とか書かれてたし、小朝も相手にしないだろうけど。
炎上商法というか、夫婦間でモラハラに遭ってフラッシュバックしてきてるだけだと思う。泰葉は両極性障害なので、春になって暖かくなってきたから躁状態になって暴走しているだけかもしれない。
離婚した時は金屏風の前でホルダーネックの服を着て、泰葉が「金髪豚野郎」とか言ってて、金髪豚・・・じゃなくて、小朝も大変そうだな、と思った。私だけじゃなくて、世の中の殆どの人はドン引き(特に、男性は)だったと思う。その後、泰葉は「開運離婚」という本を出したり、テリー伊藤に泣きながらわけのわからんことを言っていて「精神疾患を患っているのは・・・?」と思っていたら、案の定、躁ウツ病だった。
ホルダーネックの服を着て肌を露出していたのは「膝を出すな(短いスカートを履くなという意味)」と小朝に言われていた当てつけかもしれないし、テリー伊藤に「あたしを受け入れてくれる男の人がいるはずだ」とか言っていたのは「子どもを生むな(子どもはいらない)」と小朝に言われていて、いざ離婚したら子どもが生める年齢じゃなくなってて悲しくなったのかもしれない。
離婚した時はわからなかったけど、今更騒ぎだしたことによって、私は「カミーユ・クローデルと同じように、泰葉も才能や人生を潰されたのかなぁ」と感じた。でも、こればっかりはいくら言っても被害者が損をする類いの話で言えば言うだけ「イタイ女」になってしまう。
モラハラは裁判しても勝てないし(立証しづらい。高橋ジョージのように加害者が最後まで認めないから)、人に言っても愚痴を言ってるだけに聞こえるし、ブログに書けば不愉快だと叩かれる。ましてや、夫婦間なんて結婚している間は「好きで一緒になったんだから」とか「結婚は忍耐だ」とか、そういう一般論を言われて「私も悪かったのかな?」と思ってしまうから不思議。ヤバイと思ったら、精神疾患を患う前に逃げなきゃ。
「智恵子抄」の高村智恵子が統合失調症になったのも高村光太郎に原因があったのではないかと詩学の先生が言ってたことがあって、びっくりした。高村光太郎は病んでいく智恵子のことを考えて温泉巡りをしたり、九十九里浜に移住したり、亡くなった後も「智恵子抄」を出版したりしているので、モラハラ男とはほど遠い印象だが・・・?
結局、夫婦とか家族という密室の中の出来事の真相はわからないし、それを表に出さないことが美徳とされているから人生を潰された方の言い分は抹殺されるわけだ。職場でも家庭でもモラハラ男にタゲられたらおしまい。我慢してるとどんどん悪い方に悪い方に持って行かれる。病む前に速攻で逃げなきゃ。

Tシャツ展

明日から開催されるTシャツ展に出品しています。
デザイナーやアーティストだけでなく、色んな職業の方、108枚のTシャツがご覧いただけます。
私は去年制作したシルクスクリーンの作品で、キッズ90cmを作ってもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どんな絵でもいいんだけど、「どこかに鳥がいること」という縛りあり。
私の図柄は鳥と鳥籠。ちょうど、そのまんまの絵があったから出品。

 

DSC_0419

着るとこんな感じ。

 

場所/ギャラリーそら
住所/鳥取県鳥取市栄町658-3 駅前サンロード
期間/4月23日(日)~4月30日(日)
時間/10:00~18:00

 

http://www.gallery-sora-kuu.com/

カメラ・カメラ・カメラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幼馴染みと関金にあるモダンチックに行ってきた。
子どもの頃から交差点挟んで斜め向かいというご近所さんに住んでいて、何故か同じ年に結婚し同い年の子どもを生んだという同級生。
結婚して引っ越しても、偶然近所に住んでいるので、育児の気晴らしにお茶に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもが生まれた時、カメラを買おうかと思っていたら、一眼レフを義父が譲ってくれた。
行事の時しか使わなかったので、勿体ないと思いカメラを習いに行くことにした。
以前から写真を本格的にやってみたいと思っていたので、ちょうどいい被写体(子ども)もいるし、いい機会なので練習がてら撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色んなモードで撮影。雑貨も売ってた。
学生の時は写真の授業をとってた時があるんだけど、その時はデジカメ全盛期だったのでデジカメ(当時流行っていたIXY)で撮ってコピーでわざと荒くして課題を提出したような気がする。
アラーキーの真似なんだけど、天才と凡人の違いがわかっただけだった。
まぁ、写真そのものが作品になる道のりは長くとも、絵の資料にはなるかな。

 

全治8ヶ月

今日、「生後6ヶ月の赤ちゃんが乳児ボツリヌス症で死亡」というニュースをやっていた。
1歳未満の子どもにハチミツを与えてはいけないのは常識だと思っていたけど。
知らないって怖いんだなぁと思った。
私が子どもを産んでから、覚えているだけでも
・生後1ヶ月の子どもの顔がかわいくないから幸せになれないと母親が悲観して飛び降り自殺(二人とも死亡)
・酒を飲んで生後半年の子どもと風呂に入り、母親が湯船で寝てしまい子どもが死亡。
・祖母宅で飼っていた犬に噛まれ10ヶ月の子どもが死亡。
・育児ストレスで9ヶ月の子どもを母親が床に叩きつけ死亡。
うろ覚えだが、赤ちゃんが死んでいるニュースが1年間だけでもこれだけあった。
こういうニュースが出る度にネットで「育てられないなら産まなきゃいいのに」という意見が出てくるんだけど、そんなこと母親だって重々承知の上で産んでる。
産後うつや育児ストレスで頭が正常に働かなくなることだって知識としては知ってるんだけど、自分の身に起こっている時、そこから逃げてクールダウンできないのが育児だと思う。
よくブラック企業で働いてうつになって自殺するぐらいなら辞めればいいのにと言うけど、そこで辞める判断ができないぐらい追い詰められているのと同じ。
私は生後半年ぐらいまでワンオペ育児だったので、ちょっとおかしいんじゃないかと家族に詰め寄って、その後は改善した。
自分が育てやすい環境に持って行かないと、10年後20年後も妊娠~出産~育児中にやられたことを根に持つと思う。
10年後20年後どころか産後2年以内に離婚するケースが多いらしい(産後クライシス
また、産後1年は子どもを守る為に気が立ってるらしい(産後ガルガル期
産後うつぐらいしか知らなかったので、産んでみると「ああ、こういう(心の)変化もあるのか」と思った。
要するに、産むまではおなかが大きくなって出てきたら、そのままスムーズに子育てできると思っていたが、思うように動けなかったり、精神的に不安定になったり、ビジュアルが衰えたりする等の誤算が出てくる。
出産は全治8ヶ月っていうのにはすごい納得した。
昔のお母さんは産後の肥立ちが悪くて死ぬケースが多かったみたいだけど、全治8ヶ月の重傷を負ってる時にムリしたら危険だ。
それでも、お母さんたちはみんなムリしながら育ててるんだけど。
だから、事故や危ない心の変化に気をつけないといけないし、周りに助けてもらわないといけないと思う。
ハチミツのことも知ってるおばあちゃんとかおばちゃんがいたら与えなかったんだろうけど。